お引渡しまでの流れ

建売・中古住宅購入のステップ・スケジュールなどについてご説明致します。

STEP1.まずはご相談から

まずは、ご相談から

住まいの購入は、一生のうちに何度もあるものではありません。
それだけに、より条件が良く納得できる物件を購入したいものです。

そのためには、専門の知識を持った「信頼できるパートナー選び」は大切な第一歩であると言えます。

一代工務店は地域でもトップクラスの物件数と割安価格を誇る住宅販売会社です。

当社スタッフはご購入される方の立場にたって、様々なご要望やご期待にお応えする為のご提案をしていきたいと考えております。

「顧客受付表」にご記入いただきます。

当社スタッフにご希望される条件を、お気軽にお話しください。
かっこのコメントのようにお答えいただくと、とてもわかりやすいです。

  • 価格帯 (1500万円くらいが上限です)
  • 地域  (子供が○×小学校に通っているので、○×学区内でなければダメです)
  • 間取り (4LDKで、おばあちゃんが足が悪いので、一階に独立した部屋が欲しいです)
  • 土地  (車が3台ありますので、3台分の駐車スペースが欲しいです)

納得のゆく住まい探しをするため、自己資金や年収、他にマイカーローンなどの借金の有無などをお聞きすることがあります。
個人情報は絶対に他の用途に利用しませんので、安心してお話し下さい。

疑問点や不明点などは、当社スタッフが誠意をもってお答えいたします。

 

STEP2.資金計画を立てる

前項で教えていただいた内容を元に資金計画を立てます。

購入可能額は?

まず、お客様の返済プランにあわせて住宅ローンの借り入れ金額を算出します。
それに自己資金を加えた金額から諸費用を引いた金額が、新しいお住まいの購入可能価格となります。

ローン返済プランのご提案

お客様の可能な返済金額などをうかがい、固定金利の年数、利率、返済期間など、各種住宅ローンの中から借り入れ予定先を選択し、ご希望にそった返済プランをご提案いたします。

STEP3.物件の紹介

お客様のご希望に合った物件が当社物件にあるか、無ければ他社様の物件から探してお客様に情報をご提供します。

情報提供

まずは物件の資料を郵便受けに投函させていただきます。ご興味を持たれたら、ぜひお電話を下さい。

実際に物件を見に行きましょう。

気になる物件は気軽に見学に行きましょう。売り出し当日であれば午前9時から午後5時までご覧になれます。

また、事前に日時を打合せしておけば、売出期間以外でも現地へのご案内をいたします。

現地でしっかりチェックしましょう

ご覧になる物件の内容はもちろん、周辺の環境や交通機関なども、ご自身の目でしっかりチェックしておくことが大切です。

気になるところやご質問は当社スタッフが丁寧にお答えいたします。
当社スタッフは決して押し売りいたしませんので、ご安心ください。

 

STEP4.申し込みから重要事項説明、売買契約

ご購入の意思決定

ありがとうございます。当社スタッフに「申し込む」とお伝えください。

購入に関わる費用、ローンの手順、必要書類などのご説明をいたします。
契約の日程、契約金の額を決定します。

重要事項説明

宅地建物取引主任者の資格を持つ一代工務店のスタッフが、物件に関する重要な事項をご説明します。

・登記簿に記載されている権利関係

登記簿謄本と相違点はないか?

発行日付は最近のものか?

・都市計画法などによる制限について

将来、家を建て替えるのに支障はないか?

・私道負担に関する事項

私道負担の有無や面積、場所は?

・水道、ガス、電気等の設備状況

将来的に整備される場合は、負担の有無や額は?

・売買代金以外に授受される金銭について

その名称や金額、目的に不明点は無いか?

・契約解除に関する規定

その時期や手続きの方法は?

このような点を充分にご理解頂いた上でご署名・ご捺印ください。

売買契約

引渡日を決定し、不動産売買契約の締結を行います。
契約金(手付金)をお預かりいたします。

住宅ローンを組まれるお客様には、「ローン特約」をつける場合もあります。これは、万が一金融機関からの融資が不可能だった場合は、契約金をお返しし契約を解除するという特約です。

不動産売買契約の締結後は、契約書に記載された内容に基づいてお互いの権利や義務を履行することになります。
手順については当社スタッフが詳しくご説明いたします。

契約時にご用意いただくもの

  • 契約金(事前に打合せしてあります)
  • 印鑑(実印でなくても結構です)
  • 印紙代( 売買金額によって異なります)

STEP5.ローンのお申し込み

売買契約を結んだら、ローンを申し込みます。

必要書類はお客様ご自身に揃えて頂かなくてはなりませんが、お申し込み方法のご説明や手続きのお手伝いなど、スタッフがきめ細かくサポートします。

事前審査

総額(土地+建物+諸経費)に対して、自己資金を差し引いたお金が借り入れ金額になります。 購入後の追加工事がある場合は、借入希望金額をちょっと多めに申し込むのがコツです。(後から借入金額を増やすのは、審査が始めからやり直しになるからです。) お忙しくて銀行に行っている時間がないお客様は当社担当営業が代行で申し込みできます。 以下の書類が必要になります。

  • a.運転免許証
  • b.保険証
  • c.源泉徴収票(昨年度分になります)
  • d.印鑑(実印でなくても可)

以上をご用意の上、金融機関の「住宅ローン事前審査申込用紙」と「個人情報の取扱いに関する同意書」にご記入いただきます。
その他必要になる、売買契約書、重要事項説明書、公図、登記簿謄本、各種図面等につきましては、当社でご用意いたします。 審査の結果、金融機関より連帯保証人をお願いされる場合もございます。

本審査

事前審査の結果が良好ならば、本審査の手続きに入ります。 申込者ご本人様に金融機関に足を運んでいただく必要があります。ご希望であれば担当営業が同行いたします。 以下の書類が必要になります。

  • a.住民票
  • b.印鑑証明書
  • c.所得証明書
    (a,b,cの書類は、市役所でお取りできます。)
  • d.実印(実印をお持ちでない=印鑑登録をしていない方は、あらかじめ実印にする印鑑をご用意いただき、市役所で印鑑登録する必要があります。)

上記書類の枚数は、金融機関によって異なりますので、その都度ご案内します。

金銭消費貸借契約

銀行からお金を借りる契約のことです。銀行で契約書や抵当権設定関係の書類にご記名ご押印いただきます。 以下の書類が必要になります。
※物件を買ったあとすぐに住む場合は、市役所で「もう引越しした」と言い、住所移転の手続きをしてきて下さい。

  • a.住民票
  • b.印鑑証明書
  • c.実印
  • d.通帳
  • e.その通帳の届出印
    (書類の枚数は融資銀行によって異なります。その都度ご案内いたします。)

STEP6.決済--残金のお支払いと物件のお引き渡し

残金お支払い時の内容

お客様、当社スタッフ、あらかじめ手配した司法書士が銀行に集まります。
お客様と売主の所有権移転登記に必要な書類を司法書士に確認していただきます。ローンがある場合は抵当権の設定書類一式も確認していただきます。

書類に間違いが無ければ、残金をお支払いいただきます。 振込みでお願いいたします。
玄関の鍵を差し上げます。

  • この時点で既にお客様のものですので、火と戸締りに十分にお気をつけください

固定資産税等の精算

固定資産税、都市計画税を清算していただきます。

諸費用のお支払い

所有権移転登記、抵当権設定登記などの登記費用を司法書士にお支払いいただきます。

決済時にお客様ご用意いただくもの

  • 固定資産税等の清算金
  • 管理費などの清算金
  • 登記費用(登録免許税+司法書士への報酬)
  • 仲介手数料の残額
  • 印鑑(実印)
  • 印鑑証明書(抵当権設定時のみ)
  • 住民票(所有権移転登記用)

登記手続きは司法書士が代行します

司法書士がお客様から必要書類をお預かりし、各種登記の申請書を作成して法務局に提出します。
登記識別情報(昔で言う権利証のことです)を司法書士から受け取られましたら、紛失や破損などがないよう充分注意して保管してください。

ご購入必要な資金は?

登記費用 司法書士費用

登記手続きの際に司法書士への報酬
登録免許税:(税金襴をご参照ください)

ローン諸費用 ローン事務手数料

ローンを申し込む時に必要となる費用
ローン保証料:保証する保証会社へ支払う費用
(金融機関、借入機関等によっても異なります。)

仲介手数料

<物件価格が400万円超の場合>
成約価格の3%+6万円(別途消費税及び地方消費税)

税金
印紙税 売買契約書やローンを組む時の契約書に貼付する印紙代金
登録免許税 不動産を買った時:所有権移転登記
ローンを借りた時:抵当権設定登記
不動産取得税
固定資産税・都市計画税
保険料

火災保険・団体信用生命保険・家財保険・地震保険など

その他

引越し費用・リフォーム費用・家具家電購入費用など

費用はいつまでに必要?

売買契約締結からお住まいの引渡しまでに下記のような費用が必要になります。

売買契約締結まで

手付金
印紙代
仲介手数料
中間金

ローンの申込みまで

印紙代

残代金・引き渡しまで

残代金
登記費用
固定資産税等清算金
ローン諸費用
保険料
仲介手数料
その他

お引渡しまで

不動産取得税

今週のおすすめ物件 お問い合わせ