契約に関する注意点~媒介契約について~

住まいを売りたいときには、売主は業者に売却の依頼をします。
このとき、売主と業者の間で交わされるのが「媒介契約」です。
聞き慣れない言葉ではありますが、いざというときのため、この媒介契約がどのようなものかを知っておきましょう。

■売主の依頼を受けて売却先を探すための契約

まず、媒介契約とは何か、というところから確かめていきましょう。
媒介契約とは、不動産を売却したい人が不動産会社にその話を持ち込んだ際に交わされる契約です。
この契約を交わしてから、業者は売却のための宣伝や顧客への販売など、一連の仲介業務を行えるようになります。契約期間は基本的に3か月間ですが、依頼すれば延ばすことも可能です。

ポイントとしては、この契約が法的に定められた、仲介業者にとって必須のものだということです。
言い方を変えれば不動産を売りたい売主にとっても必須の契約であり、法を無視すれば処罰の対象となります。また、この契約を交わしたからといって確実に売買が成立するとは限りませんし、業者に不動産を手渡すということでもありません。
あくまで売却の仲介を依頼する契約を結ぶという点を覚えておくといいでしょう。

■媒介契約は主に3つの種類がある

業者に不動産売却のための作業を依頼する媒介契約ですが、この契約には3つの種類があります。

●専属専任媒介契約

  • ・依頼する不動産業者は1つだけ
  • ・売主が自分で買い手を見つけても成約はできない
  • ・業者は1週間に1回以上の状況報告を義務付けられる

3つの契約のなかで最も縛りが強いと言えるのが、この専属専任媒介契約です。
仲介を依頼できるのは1つの業者のみ。売主自身が買い手を見つけても勝手に売ることはできません。
もし他社で売る、あるいは自分で成約してしまった場合、違約金が発生します。
そして売主に制約があるように、業者の側も1週間に1回以上の報告を義務付けられています。

●専任媒介契約

  • ・依頼する不動産業者は1つだけ
  • ・売主が自分で買い手を見つけた場合、営業経費などの費用を支払えば売却可能
  • ・業者は2週間に1回以上の状況報告を義務付けられる

複数の業者に依頼できない点は専属専任媒介契約と変わりません。
ほかの業者と成約したい場合は違約金を支払う必要があります。業者から売主への状況報告は2週間に1回以上となっています。

●一般媒介契約

  • ・複数の業者と契約可能
  • ・契約した業者を明示するタイプと明示しないタイプの2種類がある
  • ・業者から売主への状況報告の義務はない

複数の業者と契約可能であり、業者名を明かす契約もあれば、明かさない契約もあります。業者からすると報告義務がないぶん楽なようですが、上記2つの契約と比べると利益を得にくいため、広告における扱いが小さくなることもあります。

■媒介契約を結ぶ前にここを確認しておこう

媒介契約を結ぶと、売主の側にも契約上の義務が生じます。 契約してから慌てることがないよう、事前に内容を把握しておきましょう。
・仲介業務の内容を確かめる
業者がどのように活動して販売まで仲介してくれるのか、業務内容を確認しましょう。業者によっては公的書類の取得や売買後のサポートなど手厚いサービスがあります。
・仲介手数料は適切か
仲介手数料は法によって上限などの制約があります。仲介業務の内容に見合う金額かどうかも含め、適切な手数料を支払うようにしましょう。

■まとめ

一代工務店では住まいを造ることはもちろん、住まいを売りたいというお客様にも対応させていただいております。
直接買い取りを行うだけでなく、少しでもよい値段で売りたいという方のために仲介業務も行っております。ご興味があるお客様はぜひご相談ください。
今週のおすすめ物件 お問い合わせ