断熱へのこだわり

住まいを建てる際、断熱機能に注目する人が増えてきていることをご存知でしょうか?
これは、断熱を施すことで省エネや住まいの快適さが上がり、過ごしやすい家になることが知られてきたからです。では実際に優れた断熱を実現するためには、住まいのどのようば部分に気をつければよいのでしょうか?
快適な住宅を作るために、断熱のポイントを紹介します。

■断熱の重要性

住まいを建てる上で気をつけたい点は多々ありますが、どんな住まいでも重要になるポイントの1つが断熱です。

断熱性に優れた住まいというのは、外部の熱を遮断し、内部の熱を逃がさない構造となります。
断熱性に優れた住まいは、少ないエネルギーで冬なら暖かく、夏なら涼しい室内環境を実現できます。つまり冷暖房の効率がよくなり、省エネにもつながることになるのです。

また断熱に優れた住まいは、外気との温度差が少ないことから結露の発生を防ぐことにもつなげることができます。
断熱ができない建物は屋内のあちこちで結露が発生し、建材を傷めてしまい建物の寿命を縮める要因となります。つまり断熱性を高めることで、快適さだけでなく、住まいを長持ちさせる意味でも重要なカギを握っています。

■住まいの断熱を実現する3つのポイント

では、住まいを建てる際に気をつけたい断熱のポイントとはどのようなものがあるのでしょう。注目していただきたいのは、以下の3点です。
1.躯体そのものの断熱
建物全体の躯体に熱を通しにくい建材を用いることは、住まいの断熱を考えるうえでの基本となります。
現在ではグラスウールやセルロースファイバーなど、さまざまな断熱材が普及しており、建材ごとに防音効果や低コストなど、断熱以外の特徴もあります。
一方、従来の住まいでよく使われていた鉄やコンクリートといった建材は、通常の木材の10倍あるいは数百倍も熱を通しやすいとされ、断熱という面からすると、お勧めできません。
2.ドアや窓など開口部の断熱
外部とつながるドアや窓といった開口部は、当然ですが外部からの熱を通しやすい場所です。
特に窓は、夏になると7割もの熱が窓から入ると言われており、この部分の断熱処理がとても重要となります。
窓の断熱性を高めたいなら、複層ガラスなどの通常のガラスより熱を通しにくい断熱材を使用してみましょう。こうした窓は防音効果も高いので、リビングや寝室など、リラックスしたい部屋の窓で使うと有効です。
また、すでにある住まいなら窓を取り換えることで断熱性を高められます。断熱性を高めるシートを貼る、ガラス専用の断熱コーティングを施す、などさまざまな方法があります。
3.建物全体の気密化
優れた断熱材を用いても、隙間あってそこから熱が入る、あるいは逃げてしまうと住まいの断熱は実現しません。
また、そうした熱の出入りが起こりやすい住まいでは前述した結露を引き起こしやすく、建物の寿命にも関わる問題が起きてしまいます。
気密化に適した施工ならば、建物全体の隙間をなるべくカットし、気密性を高めた住まいを建てることができるので、優れた断熱性を実現できます。

■まとめ

四季の変化がある日本では建物の断熱性をどれだけ実現できるかが、住まいの快適性に大きく関わってきます。建物そのものの建材や窓などの開口部、また気密性といったさまざまなポイントをきちんと考え、住まいの断熱性をしっかり確保しましょう。
今週のおすすめ物件 お問い合わせ