安心・安全

地震への強さ、耐久性・施行雪対策を考えた、安心、安全の住まいをご提案します。

一代工務店の建物は安心、安全を考えた住まいです。 その内容を紹介します。

1.地震に強い

一代工務店の建物は地震に強い設計、施工です。その理由は大きく2つあります。

(1)合板や集成材の耐久性を上げる設計、施工

一代工務店の建物は、積雪1.5mの耐雪耐震設計です。
それは建築基準法の規定に比べ、

  • 2階建てでは、1階で約2倍、2階で約3.5倍の筋交いの多さです。
  • 3階建てではさらにそれぞれが約2倍の多さで設計されています。

もちろん、簡易な計算ではなく、コンピューターによる完全な構造計算に基づき設計されています(一部手計算もはいります)。

中越沖地震の後にNHKのテレビの子供番組で地震に強い建物の例として一代工務店の建物が紹介されました。

(2)床面だけでなく、屋根面、基礎も強い構造

建物の構造的な強さとは平面剛性の強さなのです。

柱や梁でなく、壁や床、屋根を面で支える構造用合板を使う事によって平面剛性を強くでき、地震に強くなります。

当社では屋根面に構造用合板を採用さらに、筋交いが直接屋根面をささえます。これによって、地震による屋根を支える小屋組の崩壊が起きづらくなっています。 また、標準で採用しているべた基礎も平面剛性の向上に役立っています。

image_30_order_31_product_002_bimage_30_order_31_product_002_c

2.材料の特性を活かし、耐久性を考えた設計、施工

(1)合板や集成材の耐久性を上げる設計、施工

いくら強い合板や集成材といった材料であっても建物の外部直接さらされるような場合、その耐久性に多少の不安はでてきます。

当社では集成材はすべて外部に出さず、内部に納めてあります。また、屋根面は特に内部結露が起こり易いので合板の上に断熱材を施工して保護しています。

(2)適材適所で材料を選ぶ

使用部所に応じた適切な材木、材料を選び使用しています。

当社では集成材はすべて外部に出さず、内部に納めてあります。また、屋根面は特に内部結露が起こり易いので合板の上に断熱材を施工して保護しています。

  • 土台はヒノキの芯持ち材です。基礎パッキンとの組み合わせで高耐久をほこります。
  • 床束は鋼製束でベタ基礎ともあいまってシロアリ対策も万全です。
  • 柱は耐久性が高い芯持ちの杉材を使用しています。
  • 梁や筋交いは強度のあるベイマツ、ベイツガ材です。
  • また、状況に応じて構造用集成材やH鋼の梁材を使用し、構造を強固な物に高めています。

3.雪対策を考えた屋根

一代工務店の建物は独自の開発以来25年の実績がある金属屋根によるフラットルーフです。
屋根で転倒しても滑り落ちる危険がとても少ないので、腰の痛い方やお年寄りにもスノーダンプで安全に雪下ろしができます。
ステンレス製の箱樋は耐久性も高く大雪でも壊れにくく、ツララも出来ないので安心です。
樋とフラットルーフのコンビは屋根融雪にも非常に有利です。
もちろん、雨漏りをさせない独自のノウハウがたくさんあります。

この様な工夫によって、皆様の安心、安全を守る建物を設計、施工しているのです。

一覧にもどる