安心・安全

地震への強さ、耐久性・施行雪対策を考えた、安心、安全の住まいをご提案します。

一代工務店の建物は安心、安全を考えた住まいです。 その内容を紹介します。

地震に強い

一代工務店の建物は地震に強い設計、施工です。その理由は大きく2つあります。

(1)建物の耐久性を上げる設計、施工

  • 構造計算に基づいた適切な筋交いの設置
  • 三井住友ゴム社製の制震部材「マモリー」の設置

上記2点を主に耐震、制震能力を向上させております。

中越沖地震の後にNHKのテレビの子供番組で地震に強い建物の例として一代工務店の建物が紹介されました。

(2)床面だけでなく、屋根面、基礎も強い構造

建物の構造的な強さとは平面剛性の強さなのです。

柱や梁でなく、壁や床、屋根を面で支える構造用合板を使う事によって平面剛性を強くでき、地震に強くなります。

当社では屋根面に構造用合板を採用さらに、筋交いが直接屋根面をささえます。これによって、地震による屋根を支える小屋組の崩壊が起きづらくなっています。 また、標準で採用しているべた基礎も平面剛性の向上に役立っています。

image_30_order_31_product_002_bimage_30_order_31_product_002_c

一覧にもどる