持ち家と賃貸ではどっちがいいの?!

持ち家と賃貸ではどっちがいいの?!
持ち家がいい、賃貸がいい、というのは人それぞれです。
最終的に持ち家に住むのか、賃貸に住むのかは、その人がどういった点を重視するかや、現状の状況にどちらが合うかということで変わってきます。持ち家、賃貸のそれぞれで、メリットとデメリットがありますので、それらを比較して、自分に合っている方を選ぶようにしましょう。

■持ち家のメリット

持ち家のメリットは、なんといっても名実ともに「自分の家」が手に入るということでしょう。
家のデザインはもちろん、内装、設備なども自分の好みどおりの「マイホーム」が持てるのです。
しかも住宅ローンの返済が済むと、その家は資産になります。そのまま住み続けることも、貸すことも、売ることもできます。

生涯で支払う賃貸料と住宅ローンの返済額はそれほど変わりがない、という統計もありますので、同じ金額を支払って、資産が残るというのは大きなメリットになります。
またローンを完済してしまえば、月々の支払いがなくなるので、収入が少なくなる定年後の住まいとしても、持ち家は安心だといえます。

■持ち家のデメリット

そんな持ち家にもデメリットはあります。
一番の問題は、簡単に引っ越しができないということでしょう。
お父さんの転勤や、お子さんの私立入学など、家族のライフスタイルが変わった時に、すぐに引っ越すということは難しい場合があります。

■賃貸のメリット

賃貸のメリットは、なんといっても住み替えが楽だということです。
持ち家のデメリットのところでお話しした家族のライフスタイルの変化にも、柔軟に対応することができます。
お子さんが小さいうちは郊外の4LDKに住み、独立して夫婦だけになったら駅近の1LDKに引っ越す、というようなことも可能です。

また、自分で所持している家ではないので、固定資産税は発生しません。
さらに賃貸は、自分の生活レベルに合わせた家賃の住宅へ住み替えることができるというのも、大きなメリットだといえるでしょう。

■賃貸のデメリット

持ち家ではメリットとなった点が賃貸ではデメリットとなります。

同じ条件の家を賃貸で借りた場合と住宅ローンで支払った場合、その総額はあまり変わらず、持ち家では家が資産として残りますが、賃貸の場合は何も残らないという点が、賃貸のデメリットといえるでしょう。

収入が減る定年後も、家賃を支払っていかなくてはならないので、ある程度の貯蓄も必要になってきます。
そして賃貸ですからリフォームはもちろん、壁に穴を開けたり使いにくいからドアを取り替えたり、というようなことはできません。
インテリアにこだわりがある人には、賃貸は少し物足りないかもしれません。

また持ち家に比べてリーズナブルな建材を使用しているところが多く、防音性などが低い物件が多いこともデメリットと言えるでしょう。

■まとめ

持ち家がよいのか賃貸がよいのかは、ライフスタイルの変化など、想定していない条件も関係してくるので、一概には決められません。
しかし、将来どのように暮らしていきたいか、ということは考えられるため理想の暮らしを想定してどちらがいいかを選ぶといいでしょう。

持ち家と賃貸で迷ったら、ライフスタイルと資金をよく見直し、どちらがより自分に合っているかを比較検討することが必要です。
今週のおすすめ物件 お問い合わせ