頭金なしでも住宅ローンを組めるの?

頭金なしでも住宅ローンを組めるの?
住宅ローンを利用してマイホームを買う場合は、ある程度の頭金を用意しなくてはならないと考える方が多いのではないでしょうか。
しかし、最近では頭金を用意しなくても組める住宅ローンも存在しますので、あえて頭金を用意しないという方もいらっしゃいます。
頭金なしの場合にもメリットデメリットはありますので、ここでは頭金なしの住宅ローンの良し悪しをお伝えします。

■そもそも頭金とは?

頭金とは、住宅購入時に現金で支払いをする部分で、一般的には住宅ローンを組む場合、物件全体の2割程度の頭金を用意したほうがいいとされます。
頭金がないと、月々の返済額の負担が重くなるなどの様々な理由から、かつては頭金がないと住宅ローンを組めないというのが常識でした。

しかし、現在では必ずしも頭金がないとローンを組めないということは無くなり、頭金なしで購入するメリットも注目されつつあるのです。

■頭金なしのメリットは、買いたい時に買って、時間を有効利用できること

頭金をなしにするメリットは、まず初期費用を少なくすることによって短くすることのできる「時間」です。
通常、頭金を用意するとなると、数百万円はそろえないといけませんが、それだけ貯めるには時間がかかります。しかし、欲しいと思った土地や物件を見つけたときに、頭金なしでも購入できるのであれば、即購入手続きに入ることができます。

また、お金を貯めているとその間に金利が上がってしまい、総返済額が増えてしまうという可能性もあります。金利が上昇した場合や、物件価格が上昇した場合、頭金の意味がなくなってしまうこともあるので、タイミングを選ぶことができ、現金を手元に残せる頭金なしでの購入あは有効な手段と言えます。

■頭金なしのデメリット

住宅ローンのような大金を借りると、毎月返済するお金もかなりの金額となります。
ローンの利息はローンの残高が多いほど多くなります。頭金なしでローンを借りた場合は、頭金ありの場合より当然残高は多いので、利息も多くなります。つまり返済の負担が大きくなるので、月々の返済額をきちんと考える必要があります。

細かいところでは、ローン契約時の手数料が増えるということが挙げられます。銀行にもよりますが、借りる額の数%が手数料になりますから、頭金がない分手数料が増え、頭金がある場合より数十万円高くなるということもありえます。
その他、マイホーム売却時にローンを完済しにくいなどのデメリットもあります。

■将来的なリスクも考えた長期的な運用を考えよう

前項でも触れていますが、頭金なしのローンで注意するべきことは、利用後の返済額です。
毎月どのくらいのお金を返さないといけないのか、頭金がある場合と比べてどのくらいの返済額に差が出るのか、きちんとシミュレートしておくことが望ましいでしょう。少々面倒ですが、そうした計画性がなければ住宅ローンの審査の通過も難しくなりますので、しっかりと事前に行うことが大切です。

返済期間が長くなることで、返済総額が多くなってしまう場合があるとは述べましたが、繰り上げ返済をうまく利用することで、総返済額を減らして無駄のない返済をすることができます。頭金なしでローンを組まれる方はこの点を意識するようにしましょう。

■まとめ

かつては一定の頭金が必須とされてきた住宅ローンですが、今では頭金なしの購入もありという時代になってきています。
ただし、月々の返済額を頭金がある場合と比較し、シミュレーションを行うなど、さまざまな状況を想定しておくことが大切です。いずれにしても、自分や家族の将来をしっかりと見越した計画的な利用を考えるようにしましょう。
お問い合わせ
店舗情報