自己資金と頭金の必要性

■はじめに

自己資金の必要性
住宅をご購入する際、特に多いのが自己資金や頭金に関するご相談です。
実際のところ、住宅を購入する場合に頭を悩ませるのが、購入資金の調達であり、その返済方法でしょう。
ここでは、そんな住宅購入における自己資金と頭金について、ご説明します。

■自己資金と頭金は違うものだと理解しておこう

住宅を購入する場合の「自己資金」と「頭金」の違いをご存知でしょうか。
頭金とは、購入する住宅の価格から借り入れた住宅ローンの金額を引いた差額のことを指します。
たとえば5,000万円の一戸建て住宅を購入する場合、住宅ローンが4,000万円ならば頭金は1,000万円となります。つまり、購入する不動産そのものに対し購入時に支払う現金の額ということです。
これに対し自己資金というのは、この頭金に加え、諸費用含め住宅を購入するために必要となる総額のことです。
前述のケースで諸費用が400万円必要ならば、自己資金は1,400万円という計算になります。

■自己資金は本当に必要なの?

住宅を購入する場合は不動産(土地代+建物代)以外に、所得税や固定資産税などの税金や住宅ローンを組むための手数料、保険代、新居への引越し代などの諸経費が必要となってきます。
これらは基本的には現金での支払いが一般的です。ちなみに、古くからの定説として自己資金は住宅購入の総費用の20%程度はあると良いと言われています。
金融機関では住宅の価格以上の借り入れはできないため、諸経費の分の資金はどうしても準備が必要となります。

■自己資金0円でも住宅購入は可能

自己資金が住宅購入の総費用の20%程度は必要というのが一般的というお話をしましたが、大都市圏では住宅価格が高騰しており、過半数の方が自己資金を用意できない状況です。

そういった方を対象に、近年では金融機関によって諸費用ローンという、住宅ローン以外の諸経費に対するローンを設定していることもあります。
つまり、事実上は自己資金0円でも住宅購入が可能なのです。
さらに、最近では諸経費を含め、住宅購入に必要な総額を100%借り入れることもできるローンもあり自己資金なしで住宅を購入できることも可能となってきています。

最近では住宅ローンの金利も非常に低い金利で設定されていますので、住宅ローンを借りられる分だけ借り入れ、頭金は減らすほうがお得という考え方もあります。
ただし、当たり前ではありますが、借入金額が大きくなればなるほど、ローンの返済額や期間は増加しますので、その点だけは考慮して自己資金をどの程度用意するかを考えていくのが良いでしょう。

■まとめ

住宅を購入する際に、自己資金の余裕があるに越したことはありませんが、ローンを完済することで、住宅は財産となりますので、頭金がないからと諦めてしまうのは早計です。
中・長期的な資金調達のプランニングを行なえば、自己資金0円でも住宅の購入はできます。

住宅購入時の資金計画でお悩みの方は是非一度、お気軽にご相談下さい。
今週のおすすめ物件 お問い合わせ